4月20日イースター礼拝

 4月20日(日)はイエス・キリストの復活を喜び祝うイースターでした。朝から子どもたちが集まり、イースター礼拝が行われました。じーっといっしょうけんめいお話を聞く子ども達の目。卵を隠したり、卵さがしをしたりしてワクワクしている子ども達の目。子ども達の目はイエス様の復活をしっかりと受け止めていることを証ししていました。

 子どもの教会の後は、大人の礼拝でした。高齢の方々、若者たち、多くの方々と共に礼拝を守ることができました。礼拝後は、持ち寄りの美味しい料理が並ぶ愛餐会。心も体も復活です!! そして、教会初のプロジェクターを使って、ヴォーリス建築の建物についてのお話を聞きました。来月、実際に見るヴォーリス建築の予習となりました。

 

 子どもの礼拝ではいもとようこさんの「かぜのでんわ」という絵本の読み聞かせを聞きましたが、これは山の上にあるつながっていない電話に動物達が返事の返ってこない相手にむかって、話しをしたり、子守唄を唱ったり、そして、涙を流したりするお話です。

 私たちが抱える悲しみ、寂しさ、答えのでないこと、待つ辛さ…、いろんな思いを神さまに聞いてもらい、そこからまた新たな歩みを始めることができるのだと思います。復活されたイエス様が共にいてくださる、それが、私たちへの神さまからの返事なのだと思います。

がんばれよ… 大丈夫だよ… 

 よし、ここからまたはじめようか!