8月23日 夏期キャンプ

 8月23日(土)、関西学院千刈キャンプ場において、聖峰教会のキャンプが行われました。雨が続く毎日で、この日も雨が心配されましたが、雲の切れ目から日が射し、なんと一日お天気に恵まれ、プログラムは予定通り無事に実施されました。

 

 緑の木陰にお日様がキラキラと輝き、そして、子どもたちの笑顔もキラキラと輝く一日となりました。どんな天候でも子どもたちのパワーは物ともせず全開になりますが、そうめん流し、バーベキュー、キャンプファイヤー、そして屋外で走り回ることができるというのはお天気に恵まれてこそ、楽しさも倍増するというものです。ほんとうに恵まれたキャンプとなり、一同、大満足しています。

 

 台風、豪雨の心配や、反対に猛暑による熱中症の心配など、夏休み、子どもたちが屋外で思いっきり遊べる時間はなかなか無いものです。けれども、千刈りキャンプ場は、兵庫県の三田市にあり、山に囲まれ、木々が強い日差しや少々の雨も遮ってくれる絶好のキャンプ場なのです。

 

 そうめん流しの水が流れるみぞを掘るお手伝い(遊びともいえますが)をする子どもたち、包丁をもって野菜を切る子どもたち、大きい子どもと一緒に洗い物をがんばる子どもたち…。遊び以外にも、子どもたちの生き生きとして取り組む姿をたくさん見させてもらいました。この姿を親御さんにも見せてあげたいところですが、子どもたちだけでこそのびのびできる、それもまたキャンプのいいところです。

 

 すてきな一日ののほんの一部分を皆様にも見ていただきたいと思います。写真でお楽しみください。今年、参加できなかった方も、ぜひ来年はいらしてくださいね。